Welcome to my blog

色香‐IROKA‐

教わらなくても知っている

嗅覚は、本能に近い感覚です。奥が深い。本当に生きるための感覚なのだなぁ、と思います。わたしたち人間が、人間になる前から、生きるために使っていた感覚。現代のように、「賢い」ものではないかもしれないけれど、それだけに、より本能的です。脳ととても密接に関わる、匂いや香り。わたしたちは目に見えなくとも、香りで、それは花の匂いだとわかります。土や、木もそう。原始時代の記憶や生き物の本能が息づいている感覚。そ...

この地で生きる香り

パチュリは、今ここに生きている充実感を味わえる香りです。よく墨汁の香りに例えられるパチュリには、土に足をつけているような落ち着きがあります。未来への憧れや希望は、わたしたちの生きる原動力。そして、今ここに生きている喜びを味わうこともまた、生きる原動力になります。わたしはいつか、ハーブいっぱいの庭付きのお家に住みたいと思っています。みつばちやてんとう虫が遊びにくるような庭がある家。今はプランターでハ...

黄金とともに捧げられたフランキンセンス

 少しエキゾチックで、現実離れしているような香り。けれど、この香りを嗅ぐと、忘れていた自分自身に戻ってこれる。「日常」から離れて「本来」に戻る香り。 フランキンセンスは古代から、聖なる香りとして扱われてきました。キリストに捧げられた、「黄金・ミルラ・フランキンセンス」。それほど古くから、貴重なもの、尊いものとして扱われてきました。今もよく、瞑想や宗教的な場面で使われています。日常的にフランキンセン...